安定した飛行機動画を撮るために

安定した飛行機動画を撮るために

飛行機動画を撮る上で、欠かせないのが三脚です。

私はザハトラー フルーイドヘッド FSB8+ジッツオシステマティックシリーズを使用しています。

このシステムにしてから、撮れ高が倍になりました(これホントです!)。もう離れることは出来ません。

ザハトラーは1950年代に従来の製品より滑らかに動きかつ安定性の高い三脚のヘッド「クライゼル・コップ」を製作したところ他のカメラマンに好評だったため、1958年に会社を興し三脚製造を始めたメーカー。

最大の特徴は、“油圧式”でなく、機械式であること。

油の粘りではなく、ギア比率で粘りを調整するため、極低気温から高気温まで、その操作感が変わることはほとんどないのです。

またザハトラー雲台の“水平だし機構”は、撮影時の水平調整がスムーズに出来ます。空港内での厳しい撮影環境に、この昨日は非常に役に立ちます。

この三脚に出会って、正直カメラより三脚の方が大事だなと思ってしまいました。

もし、これから飛行機動画を始めようという方がいるのなら、予算をあげてでも良い三脚を検討して下さい。絶対後悔はしませんよ。


Fairportでは飛行機の動画素材の提供、撮影、編集依頼を承っております。当ページ、Youtubeチャンネルにて公開してる飛行機映像はもちろん撮影依頼、PV製作まで何でもご相談ください!!!

音楽と旅客機映像作品&空港映像チャンネルFairport

旅客機映像素材チャンネルFairport  hangar


五十嵐史彦  Fumihiko Igarashi

飛行機動画、ビデオグラファー、フォトグラファー、音楽家、元ブライダルサウンドコーディネーター

2004年から「旅情」をテーマとした映像作品の制作を開始。

日本各地の空港を訪れて旅客機の映像を撮影。得意の音楽との組み合わせにより、叙情的な映像作品を多数作り出している。

映像の使用、撮影、編集依頼はメールにてお問い合わせください。

Email=info@fairport.site

投稿日: 2018年1月31日Farport

コメントを残す