形に残す?心に残す?

形に残す?心に残す?

最近思うのが、こんな二択。

1: 最高級のカメラで、成田で撮る、飛行機。

2: 最低限のカメラで、アムステルダムで撮る、飛行機。

(成田、アムステルダムはあくまで例です)

どちらが価値があって、どちらが良いのだろう。

ふとこんな事を考えています。

最高級カメラはある意味、財産としても残るし、そのカメラは大事に使えば一生ものになります。

しかし、最高級カメラを導入するには、かなりコストがかかるので、行ける空港は限られてしまうでしょう。

最低限のカメラは、財産になるほどではないし、大事に使っても一生ものとはいかないと思います。

しかし、導入コストが低ければ、遠征に費用をかけられます。アムステルダムの空は、アムステルダムにしかないですし。

最高級カメラで、アムステルダムで、KLMを撮る

これが出来れば最高ですが、そうも言ってられないです。もちろんそれを目指してますが、、、。

長い目で見れば一生ものが良いでしょう。

しかし旅に出たい、という衝動に対して正直になることは、心が豊かになって、物では測れない感性や経験を得る事が出来ます。

人それぞれの価値観や環境によってだと思いますが、皆さんはどう思いますか?


Fairportでは飛行機の動画素材の提供、撮影、編集依頼を承っております。当ページ、Youtubeチャンネルにて公開してる飛行機映像はもちろん撮影依頼、PV製作まで何でもご相談ください!!!

音楽と旅客機映像作品&空港映像チャンネルFairport

旅客機映像素材チャンネルFairport  hangar


五十嵐史彦  Fumihiko Igarashi

飛行機動画、映像作家、ビデオグラファー、フォトグラファー、音楽家、元ブライダルサウンドコーディネーター

2004年から「旅情」をテーマとした映像作品の制作を開始。

日本各地の空港を訪れて旅客機の映像を撮影。得意の音楽との組み合わせにより、叙情的な映像作品を多数作り出している。

映像の使用、撮影、編集依頼はメールにてお問い合わせください。

Email=info@fairport.site

投稿日: 2018年1月9日Farport

コメントを残す