未分類

台風19号による福岡空港の状況(2019年10月12日)

2019年10月、台風19号が日本列島を襲いました。お亡くなりになった方々に心よりお悔み申し上げます。 また、被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。 

10月12日、福岡も台風の影響で、強風が吹き荒れました。また、避難してきた飛行機が多数いました。

2019年10月12日 福岡空港
2019年10月12日 福岡空港
2019年10月12日 福岡空港
2019年10月12日 福岡空港

この日はスポットだけでなく、誘導路や航空自衛隊のハンガー前まで、飛行機が駐機していました。新千歳では滑走路にも駐機していたようですね。

羽田や成田便が運航出来ないと、福岡空港の離発着は少なくなります。そのため、この日は国内だと那覇や宮崎、屋久島などの南から、もしくは小松などの日本海側、新千歳便、国際線の一部のみ離発着がありました。

2019年10月12日の福岡空港の動画

また、風も強く、上記の動画に様に、ゆらゆらとしながら飛行機が着陸してきました。

当日のMETARデータ

この様な状況でも、飛行機を降ろしてしまうパイロットさんたちは、本当に凄いですね。乗っている方は、とても怖いと思いますが。。。私が現地にいた時間帯で3機がゴーアラウンドしていました。

ニュースを見ていると、本当に凄い被害で、心が痛みます。ニュース映像の中には、半年前まで住んでいたマンションで被害が出ていました。

被災された方々の生活が一日も早く元に戻れますよう、心よりお祈り申し上げます。


Fairportでは飛行機の動画素材の提供、撮影、編集依頼を承っております。当ページ、Youtubeチャンネルにて公開してる飛行機映像はもちろん撮影依頼、PV製作まで何でもご相談ください!!!

音楽と旅客機映像作品&空港映像チャンネル「Fairport」

五十嵐史彦  Fumihiko Igarashi

飛行機動画、ビデオグラファー、フォトグラファー、音楽家、元ブライダルサウンドコーディネーター

2004年から「旅情」をテーマとした映像作品の制作を開始。

日本各地の空港を訪れて旅客機の映像を撮影。得意の音楽との組み合わせにより、叙情的な映像作品を多数作り出している。

映像の使用、撮影、編集依頼はメールにてお問い合わせください。

Email=info@fairport.site

スターフライヤーの最新機種A320「JA27MC」を撮影

2019年10月13日、福岡空港で、スターフライヤーの最新機種、A320「JA27MC」を撮影しました。

スターフライヤー A320「JA27MC」(動画からキャプチャーした画像)

ネット上のデータによると、「JA27MC」は2019年10月4日から10月6日にかけて、ドイツのハンブルク・フィンケンヴェルダー空港から、カザフスタンのヌルスルタン・ナザルバエフ国際空港を経由し、北九州空港に到着しています。

初の商業フライトとなった10月13日、7G9201便として、北九州空港から福岡空港にフェリーされ、その後7G46便として、羽田空港に向かっています。

スターフライヤー A320「JA27MC」(動画からキャプチャーした画像)
スターフライヤー A320「JA27MC」(動画からキャプチャーした画像)

この機材も、「JA25MC」や「JA26MC」と同様、国際線と国内線で乗ることができそうですね。いつ乗れるかわかりませんが、楽しみです。


Fairportでは飛行機の動画素材の提供、撮影、編集依頼を承っております。当ページ、Youtubeチャンネルにて公開してる飛行機映像はもちろん撮影依頼、PV製作まで何でもご相談ください!!!

音楽と旅客機映像作品&空港映像チャンネル「Fairport」

五十嵐史彦  Fumihiko Igarashi

飛行機動画、ビデオグラファー、フォトグラファー、音楽家、元ブライダルサウンドコーディネーター

2004年から「旅情」をテーマとした映像作品の制作を開始。

日本各地の空港を訪れて旅客機の映像を撮影。得意の音楽との組み合わせにより、叙情的な映像作品を多数作り出している。

映像の使用、撮影、編集依頼はメールにてお問い合わせください。

Email=info@fairport.site

「0番スポットの丘」の現状

福岡空港の撮影ポイントに、「0番スポットの丘」と呼ばれる場所があります。

「0番スポットの丘」2019年5月26日
「0番スポットの丘」2019年5月26日

ここは福岡空港の北側にある場所で、ターミナルにスポットインアウトする機体や、ランウェイ16へ着陸する機体、ランウェイ16から離陸する機体などが撮影できた場所です。

「0番スポットの丘」の動画 2019年6月11日撮影

個人的に、様々な動画が撮影できるこの場所は気に入っていました。動画撮影の良さを出すには、最高の場所です。

しかし先日、久しぶりに行ってみたら、このようなことになっていました。

「0番スポットの丘」2019年10月5日
「0番スポットの丘」2019年10月5日

お分かりでしょうか?新たな高い柵ができています。これにより、滑走路はどん被り、ターミナルも手前の一部しか、見えません。。。これは拡張工事の一貫でしょうか?

空港が綺麗で便利なることは良いことですが、このように撮影ポイントが減ってしまうのは、悲しいことです。福岡空港はターミナルも工事中で、展望デッキからも、空港の一部しか見えず、飛行機動画撮影のみならず、撮影ポイントが減っています。

「0番スポットの丘」から撮影する夜景が好きで、よく行きました。もうこんか光景は見れないんですかね。。。また新たなロケハンの日々が始まります。


Fairportでは飛行機の動画素材の提供、撮影、編集依頼を承っております。当ページ、Youtubeチャンネルにて公開してる飛行機映像はもちろん撮影依頼、PV製作まで何でもご相談ください!!!

音楽と旅客機映像作品&空港映像チャンネル「Fairport」

五十嵐史彦  Fumihiko Igarashi

飛行機動画、ビデオグラファー、フォトグラファー、音楽家、元ブライダルサウンドコーディネーター

2004年から「旅情」をテーマとした映像作品の制作を開始。

日本各地の空港を訪れて旅客機の映像を撮影。得意の音楽との組み合わせにより、叙情的な映像作品を多数作り出している。

映像の使用、撮影、編集依頼はメールにてお問い合わせください。

Email=info@fairport.site

動画編集ソフトの手ブレ補正について

私が使っている、PanasonicのGH5は、とても優秀なカメラで、やっと納得がいくものに出会えたと思っています。

特に、GH5とレンズの「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」の組み合わせは、高画質を実現し、今のところ、これに勝るものには出会えてません。

そんな中、一点だけ残念なのは、GH5の手ブレ補正です。この手ブレ補正自体は、手持ちの人物撮影などには、とても良い手ブレ補正です。

ただ、飛行機動画を撮影するとなれば、話は別。三脚を使用して、速度の早い飛行機を追うと、「揺れ戻し」が強く発生します(動画がカックンとしてしまう)。

そうなると、頼りになるのが、編集ソフトの手ブレ補正。通常私が使っているFinal cut proは、ソフトとしては良いですが、こちらの手ブレ補正も、GH5同様、「揺れ戻し」が発生し、飛行機動画には向いていません。

そこで導入したのが、アドビの「Premiere Pro cc 2019」です。このソフトに内蔵されている、「ワープスタビライザー」は、「揺れ戻し」がなく、スムーズになります。

こちらが、その事例動画

伊丹空港での飛行機動画ですが、撮影日は風が強く、実際の動画は、結構揺れています。そのため、撮影時から手ブレ補正を入れたいところですが、「揺れ戻し」が発生するので、手ブレ補正は「オフ」で撮影しました。

この動画に、プレミアの「ワープスタビライザー」をかけると、とてもスムーズになり、まるで、機会が動いているかのようになりました。

では、どんな状況の動画でも、「ワープスタビライザー」でそうなるのか?といえば、答えは「No」です。現場の風が強い状況でも、三脚を使用し、少しでも安定した動画を撮影しなければ、「ワープスタビライザー」を使用しても、改善されません。

手ブレ補正でいえば、ソニーやキャノンが良いと聞きます。画質を取るか、補正機能を取るか、悩ましいですが、せっかく見てもらって、満足してもらえなければ意味がありません。

飛行機動画で、安定した動画を求めるのであれば、プレミアの「ワープスタビライザー」を試してみてはいかがでしょうか?


Fairportでは飛行機の動画素材の提供、撮影、編集依頼を承っております。当ページ、Youtubeチャンネルにて公開してる飛行機映像はもちろん撮影依頼、PV製作まで何でもご相談ください!!!

五十嵐史彦  Fumihiko Igarashi

飛行機動画、ビデオグラファー、フォトグラファー、音楽家、元ブライダルサウンドコーディネーター

2004年から「旅情」をテーマとした映像作品の制作を開始。

日本各地の空港を訪れて旅客機の映像を撮影。得意の音楽との組み合わせにより、叙情的な映像作品を多数作り出している。

映像の使用、撮影、編集依頼はメールにてお問い合わせください。

Email=info@fairport.site

拠点を福岡へ

5月末から、拠点を福岡に移しています。

福岡はかつて、住んでいたこともあり、知らない土地ではないので、スムーズでした。

なんといっても福岡の魅力は、空港の近さです。

博多から電車で、あっという間に着きます。また、外周ポイントへのアクセスも良好の上、機体にかなり近づくことができる環境です。

エアライン、機体のバリーションも豊富で、日本の航空会社はAIRDO、HAC、ソラシドエアを除く、主要航空会社が就航していますし、日本で運航されている機体は、ほぼ飛来します。

また、福岡空港以外にも、北九州空港があるほか、山口宇部、佐賀、大分、長崎など、各地へ手軽にアクセスできるのも魅力です。

現在は個人的な事情で、福岡空港がメインとなっていますが、今後は九州各地などを回りたいと考えています。


Fairportでは飛行機の動画素材の提供、撮影、編集依頼を承っております。当ページ、Youtubeチャンネルにて公開してる飛行機映像はもちろん撮影依頼、PV製作まで何でもご相談ください!!!


五十嵐史彦  Fumihiko Igarashi

飛行機動画、ビデオグラファー、フォトグラファー、音楽家、元ブライダルサウンドコーディネーター

2004年から「旅情」をテーマとした映像作品の制作を開始。

日本各地の空港を訪れて旅客機の映像を撮影。得意の音楽との組み合わせにより、叙情的な映像作品を多数作り出している。

映像の使用、撮影、編集依頼はメールにてお問い合わせください。

Email=info@fairport.site