空港と人々

今日のワンカット 「チューリッヒ空港での一コマ」

こんばんは、映像作家の五十嵐です。

今日のワンカットシリーズでは私五十嵐がPanasonic FZシリーズで撮影した空港でのワンカットをご紹介しています。

今日はスイス チューリッヒ空港です。

撮影日:2016年8月17日

カメラ:Panasonic DMC-FZ1000

撮影フォーマット:4K 30p  3840×2160

フォトスタイル: Cine Like D

※フォーカス以外は全てオート設定

ここはObservation Deck B 。平日ではありましたが、沢山の方が飛行機ウォッチングを楽しんでました。

良い感じで人がいたので、カメラを固定して飛行機が抜ける位置を予測。大型機で長距離線なら絡まないが、小型機で短距離線ならいける、と考え待った結果、エーデルワイスのA320が理想的な位置で上がってくれました。

子供たちが飛行機に手を振って、その光景をお母さんが写真に撮る、こんな微笑ましいシーンになったのは嬉しい【計算外】となりました。こういった光景も空港の魅力の一つではないでしょうか。


Fairportでは飛行機の動画素材の提供、撮影、編集依頼を承っております。当ページ、Youtubeチャンネルにて公開してる飛行機映像はもちろん撮影依頼、PV製作まで何でもご相談ください!!!

音楽と旅客機映像作品&空港映像チャンネル「Fairport」

旅客機映像素材チャンネル「Fairport  hangar」


五十嵐史彦  Fumihiko Igarashi

飛行機、空港、航空、エアラインの映像作家、ビデオグラファー、フォトグラファー

2004年から「旅情」をテーマとした映像作品の制作を開始。

日本各地の空港を訪れて旅客機の映像を撮影。得意の音楽との組み合わせにより、叙情的な映像作品を多数作り出している。

映像の使用、撮影、編集依頼はメールにてお問い合わせください。

Email=sense.of.journey@gmail.com

2017年5月 ミュンヘンにて

「風景と旅客機」の映像

こんばんは、五十嵐です。

だいぶ「秋」を感じるようになってきました。空も晴れたら綺麗な色をしてるし、夕焼けも綺麗な日が多いですね。


そうなってくると面白いのが「風景と旅客機」の映像。夕焼けを駆け抜ける旅客機や、紅葉、そして冬になれば雪景色と四季折々の風景が旅客機を演出してくれます。


さて、そういった「風景と旅客機」の映像を撮影する時、気をつけてるのが カメラのシャッター速度です。

旅客機を追う=フォローを撮る際はシャッター速度 1/60 というのが基本、と大先輩に教わってそれを実践しています。動画はシャッター速度を早くすると漫画のようにパラパラしてしまう為です。

​​​


「風景と旅客機」の映像、更に固定映像=フィックスの場合、シャッター速度は状況によりますが基本速めの1/500〜あたりに設定してます。先ほどパラパラしてしまうと書きましたが、フィックスの場合はシャッター速度を遅くすると、旅客機が波打ってるように見えたり、残像が残ったりします。


まとめると、

旅客機を追う(フォロー)=シャッター速度遅め

風景と旅客機の映像(フィックス)=シャッター速度早め

という感じです。あくまで基準なので状況によっては変わります。動画撮影での基本と写真撮影での基本を撮るシュチュエーションによって切り替えるといった事でしょうか。

秋は読書の秋、食欲の秋、芸術の秋とか色々ありますが、皆さんはどの秋が楽しみですか?私が楽しみなのは「名景の秋」ですかね。


Fairportでは旅客機映像素材の提供、撮影、編集依頼を承っております。当ページ、Youtubeチャンネルにて公開してる映像はもちろん撮影依頼、PV製作まで何でもご相談ください!!!

音楽と旅客機映像作品&空港映像チャンネル「Fairport」

旅客機映像素材チャンネル「Fairport  hangar」

映像作家 : 五十嵐史彦 Fumihiko Igarashi

航空、空港、エアライン、旅客機映像、旅客機ビデオ、映像作家、ビデオグラファー

24歳から「旅情」をテーマとした旅客機映像作品の制作を開始。

日本各地の空港を訪れて旅客機の映像を撮影。得意の音楽との組み合わせにより、叙情的な映像作品を多数作り出している。
映像の使用、撮影、編集依頼はメールにてお問い合わせください。
Email=sense.of.journey@gmail.com

SNSで人気の映像 「旅客機×人」

こんばんは。最近熱帯夜ですね。

さて、今日は私がSNSに投稿した映像の中で人気が高かった映像を紹介します。

1:福岡空港 ANAパイロット


34エンドで撮影した映像です。キャプテンが両手をあげて手を振ってくれてます。こういう計らいは見てて嬉しいものです。

2:成田空港 Jet Star ドアクローズ


成田空港第3ターミナルで撮影した映像です。JetStarさんの公式アカウントもリツイートしてくれたこの映像は沢山の方にご覧頂きました。旅客機を見る目と触れる手に温かみを感じますね。

3:佐賀空港 スタッフ一同見送り

https://www.instagram.com/igarashifumihiko/?hl=ja

佐賀空港展望デッキから撮影した映像です。お正月だったため、新年の挨拶をしてました。一生懸命手を振ってくれるのは嬉しいものです。

以上3つ紹介しましたが、共通して言えるには全て「人」が絡んでいる映像ということです。「人」が加わると「温かみ」が出るんでしょうか。そんな光景をまた探しに行きたいですね。

素晴らしき航空映像

こんばんは。ここまで涼しいとこのまま秋になって欲しいとも思う今日この頃です。

さて、今日は私が航空映像を製作する上で影響を受けた映像を紹介します。

まずはこちら!

これは私が最も影響を受けた映像の1つです。このCM、とても航空会社のとは思えないクオリティ。大物アーティストを使って音楽も最高!セリフは一言のみ!なんとも潔いですね。

次はこちら!

シンプルですが音楽も素晴らしいし、ゴチャゴチャしてないくわかりやすいです。会社らしさも出ていて気持ちいいです。

最後にこちら!


これを航空映像と言っていいのかわかりませんが大好きな映像です。飛行機は鉄のかたまりですが人が動かし人が乗るもの。だから一便一便、一席一席物語がある事を上手く表現した映像ですね。

以上3つ紹介しました。航空映像だからと言っても飛行機が出てなくてもいい、と思うのは私だけでしょうか?そこに翼や旅情を感じられるのであればそれは航空映像と言っていい、それが私の自論です。

そんな映像を作るための旅はまだまだ終わりません。

空港と人々

こんばんは。いつもご覧頂きありがとうございます。

さて、今日は私が旅客機撮影をする中で欠かせない一つの要素についてお話します。

IMG_3608

単に旅客機を撮影する、となれば旅客機に向けてカメラをまわす、という事ですが、私が撮影する上では旅客機や空港に関わる人々も重要な要素です。

理由はわかりませんが、空港にいる人々はとても温かみを感じます。もしかすると旅客機が鉄の塊である意味 ”冷たい” 存在だから人々の温かみが出てるのでしょうか。

IMG_1752

ロビーで見送る人々、見送られる人々、笑う人々、泣く人々、急ぎ足で歩くビジネスマン、旅客機にはしゃぐ子供、旅客機をこわがり泣く子供、人々を安全に目的地まで届ける為に奮闘する職員、、、。

P1020386

そんな場所を撮影するのに大事なのは「その空間に流れる人々のリズム」を掴むこと。

これは正解がないので難しいですが、

例えば空間にいる人々が全員感動していたら独特な空間になります。感動映画の上映が終わったあとの映画館とか、、、。そのリズムや空気を感じ取ると自然と今何を撮るべきか見えてきます。あと背中で語るってありますよね? これ本当にあって背中から感情を放ってるのがわかると何もしなくても絵になります。それらが旅客機と交わった時、感動的なシーンに変わるんですね。

IMG_2391

喜怒哀楽が一箇所に集中すると不思議な空間が生まれます。私は前職が結婚式関係でこれまで1500組以上の式を見たからわかることです。

空港ってそんな不思議な場所だから魅力的なんでしょうね。今日もたくさんのドラマが生まれているでしょう。